Mac OS X Leopardの黒枠

ne4 Post in others,Tags:

Mac OS X Leopard(だけじゃないかもしれないけど)を色々操作しているうちに、
選択部分に黒枠が表示されるようになった。
以前は、 OSが逝ってしまったと思って再インストールしたが、さすがに2回目なので、ググって発見。

壊れた訳じゃなかったの?? こんな事なら、前回もググればよかった。まいった。
結局、cmd + F5で、ユニバーサルアクセスが入になっただけらしい。トグルスイッチ。

WordPress アップグレード

ne4 Post in web,Tags: ,

XREAサーバーからは、自動アップグレードが上手くいかない。

紹介されていたセーフモードの方法 1も、ルートディレクトリのパーミッション設定が出来ないので断念。
仕方ないので、手動でサーバー上のディレクトリの名前を変え、
最新にしたローカルのファイルに、使っていたテーマファイルとプラグインを古いディレクトリからコピーして、
アップロード。

とりあえず、問題無く 2.9.1 から 3.0.1 にアップグレード出来ました。

※追加:wp-content/uploads/にある画像もコピーしてアップロード

注)パーミッションを変更することで、自動アップグレードは可能でした!

PHP 掲示板文中の URL を自動でリンク化

ne4 Post in web,Tags: ,

正規表現で変換するんだけど、自分であれを打ち込むのが嫌で、ついついコピペ。
すると、うまく動かない。
結局、エンコード違いの影響でダメだということが判明。DreamWeaver なんかで コーディングしたのが間違いだったのか。
とりあえず、最近は Mac で作業しているので、mi を使ってエンコード合わせたらうまく動いた。

// $str にURLが含まれていたらリンク
function autoLinker($str)
{
$pat_sub = preg_quote(‘-._~%:/?#[]@!$&\'()*+,;=’, ‘/’); // 正規表現向けのエスケープ処理
$pat  = ‘/((http|https):\/\/[0-9a-z’ . $pat_sub . ‘]+)/i’; // 正規表現パターン
$rep  = ‘<a href=”\\1″ target=”_blank”>\\1</a>’; // \\1が正規表現にマッチした文字列に置き換わります

$str = preg_replace ($pat, $rep, $str); // 実処理
return $str;
}

DreamWeaver だと、preg_quoteで処理する部分をシングルクオートで括ると、中にあるシングルクオートと反応して
表示が滅茶苦茶になるので、ダブルクオートに変更する必要有り。

$pat_sub = preg_quote(“-._~%:/?#[]@!mce_markeramp;\'()*+,;=”, “/”);