license 覚書

ne4 Post in web,Tags: , , ,

GNU GPL

GNU General Public Licenseコピーレフトソフトウェアライセンスの代表的なものである。GNU GPLまたは単にGPLと略される。Free Software Foundation(以下FSF)によって公開され、維持されている。

GPLは、プログラムの著作物の複製物を所持している者に対し、概ね以下のことを許諾するライセンスである。

  1. プログラムの実行[1]
  2. プログラムの動作を調べ、それを改変すること(ソースコードへのアクセスは、その前提になる)
  3. 複製物の再頒布
  4. プログラムを改良し、改良を公衆にリリースする権利(ソースコードへのアクセスは、その前提になる)

GPLと、より制限の緩いフリーソフトウェア・ライセンス(BSDライセンスなど)との間の主な違いは、GPLが派生的著作物[2]についても、上記の4点の制約を保存しようとする点である。この仕組みはコピーレフトと呼ばれ、GPLでライセンスされた著作物は、その派生的著作物に関してもGPLでライセンスされなければならない。これは、BSDライセンスが、派生的著作物を独占的なものとして再頒布することを許しているのとは対照的である。

 

GNU

GNU(/gnjuː/ グニューグヌー、または /ˈnjuː/ ニュー)は、UNIX互換のソフトウェア環境を全てフリーソフトウェアで実装することを目標とするプロジェクト、およびそのソフトウェア全体を指す。GNUプロジェクトはフリーソフトウェア財団によって法的、経済的にサポートされている。
GNU という単語は「GNU は UNIX ではない (GNU’s Not UNIX)」というフレーズから頭文字を取った略称で、再帰的命名という一種の言葉遊びになっている。正式な発音は「グヌー」または「グニュー」である[2]。一般的な英語では、gnu は「ヌー」と発音し、ウシカモシカまたはヌーと呼ばれる動物をさす言葉である。GNUプロジェクトは自らの名称を「it is pronounced g-noo, as one syllable with no vowel sound between the g and the n.」と呼ぶよう要請している。

 

クリエイティブ・コモンズ

クリエイティブ・コモンズCreative Commons、以下「CC」)とはウェブ上で行われているプロジェクト、またそれを実施する非営利団体で法的手段を利用して出版物の創造、流通検索の便宜をはかるものである。利用される法的手段にはパブリックドメインオープンコンテントによるライセンスがある。また、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスというライセンスも定義している。

情報を共有しようとすると、知的所有権法著作権法が障害になる場合があるが、この運動の基本的なねらいは、そのような法的問題を回避することにある。

これを達成するために同プロジェクトは著作権者が作品のリリースにあたって無料で利用できるようなライセンスのプロトタイプを作成、提供し作品がウェブ上で公開される際に検索や機械処理をしやすいようなRDFXML)によるメタデータのフォーマットを提案している。

著作権を全て留保する “All rights reserved” といわゆるパブリックドメインである “No rights reserved” の中間の “Some rights reserved” が、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスが規定する領域である。

クリエイティブ・コモンズ・ライセンスでは以下の4項目についてそれぞれ採否を選択する。(詳細は外部リンク先記事を参照)

表示

表示(Attribution) その作品の利用に関しての著作者の表示を求めるか

非営利

非営利(Noncommercial) 非営利目的に限ってその作品の利用を認めるか

改変禁止

改変禁止(改変の禁止。No Derivative Works) その作品の利用をそのままの形でのみ認めるか

継承

継承(同様に共有。Share Alike) その作品につけられたライセンスを継承することを求めるか

以上のうち、改変禁止と継承は同時に採用できない。またすべてを採用しないことはできず、2.0以降のバージョンでは表示を採用することが必須条件となる。従って、実際にあり得る組み合わせは次の通りである。

  • 表示(CC BY)
  • 表示-改変禁止(CC BY-ND)
  • 表示-継承(CC BY-SA)
  • 表示-非営利(CC BY-NC)
  • 表示-非営利-改変禁止(CC BY-NC-ND)
  • 表示-非営利-継承(CC BY-NC-SA)

2.0未満のバージョンでは次が加わる。

  • 改変禁止
  • 継承
  • 非営利
  • 非営利-改変禁止
  • 非営利-継承

なおこれらの和訳語は2006年11月29日にクリエイティブ・コモンズ・ジャパンによって変更されたもので、それ以前は「表示」は「帰属」、「改変禁止」は「派生禁止」、「継承」は「同一条件許諾」と訳されていた[1]

« Prev: :Next »

Comments are closed.