modern.IEのVirtual tools

ne4 Post in web

Mac上で、Windows IEのサイト表示テストをするのに良さそうなtoolを発見。

使い方は上記サイトを参考にすればOKなのだが、cURLについての知識が無くて少し戸惑ったので覚え書き。

download site該当部の下にあるGrab them all with cURLをクリック
→ cURLの注意書きとコマンドが表示されるのでコマンド部分だけをコピー
→ Macターミナル上でペースト&リターン
これでやると、cURLによって全てがDownloadされるので便利。しかも、高速(らしい)。

sfxファイルの解凍方法についても補足。
ターミナルではパスが必要なので、保存されたファイルを、ターミナルウィンドウにドラッグ&ドロップしてパスを表示させ取得。その後、以下のコマンドに当てはめて実行。

chmod +x パス/ファイル名.sfx
パス/ファイル名.sfx

cURLには、レジュームの機能もあるので、使い方を覚えると便利かも。

 

Adobe CS6が、いきなり体験版として起動する不具合

ne4 Post in web

正しくライセンス認証して使っていたAdobeのCS6が、いきなり体験版として登録しろという表示になり、正常に使えなくなってしまった。ググってみると、どうやらアップデートやCS5との併用がトリガーとなって不具合が発生する模様。
http://forums.adobe.com/message/5003805
http://helpx.adobe.com/jp/creative-cloud/kb/cpsid_93780.html
http://forums.adobe.com/message/5000091

一応、解決方法 など載ってはいるが、
「日本語環境での動作保証はしておりませんのでご了承ください。」の一文が。(^_^;)
とてもメジャーなアプリの会社とは思えない対応の仕方。半信半疑で、以下の対処をしてみる。
・OOBE フォルダーの名前を OOBE.old などに変更
・Adobe Application Manager 6.2 以降をインストール
が、状況は全く改善されず……

しょうがないので、MAC OSのTime Machine機能で以前の状態に復元。
すると、無事、起動できるようになりました。

Adobeさん、早く解決方法を提供してね。

JINS PC

ne4 Post in others

JINS PC

今まで、日本光器製のOAグラスを使っていたが、ブリッジを曲げて壊してしまったので、
Webで見つけたJINS PCというメガネを買ってみた。
色が薄く、本当にこんなので大丈夫なのかと最初思ったが、実際かけてみると、なかなか良い。
液晶画面を見ていても楽だし、暗すぎないので書類に目を通す場合なんかも、そのままで大丈夫。
最近老眼が進んだと思っていたのは、どうやら蛍光灯の光などに対しても目が弱っていたのが原因かもしれない。
このめがねをかけて見ると、細かい文字なども比較的くっきり見える気がする。
安いので得した気分。